LG21乳酸菌ヨーグルトを使ってピロリ菌の除菌治療成功率をアップ!

ピロリ菌の除菌治療は下痢や肝機能異常、アレルギー症状などの副作用を伴う場合があるにもかかわらず、その成功率は100%ではありません。ピロリ菌除菌治療の成功率を少しでもアップさせるためにLG21乳酸菌ヨーグルトが有効な理由とその活用方法について

続きを読む ≫

自宅で手軽にピロリ菌検査!ピロリ菌検査キットの詳細と注意点

「自宅で手軽にピロリ菌検査!ピロリ菌検査キットの詳細と注意点」の続きを読む

通販などで購入し、自宅にいながらにして手軽にピロリ菌感染の有無を確認できる「ピロリ菌検査キット」について、サプリメントマニュアルがおすすめする検査キットの詳細とおすすめする理由、利用するに当たって留意すべき注意点などを詳しく解説します。

続きを読む ≫

ピロリ菌検査の誤判定が1%以下に!日本人にマッチした検査薬を開発

「ピロリ菌検査の誤判定が1%以下に!日本人にマッチした検査薬を開発」の続きを読む

ピロリ菌の検査薬は従来、欧米人と同じものが使用されてきましたが、今回、日本人のピロリ菌にマッチした、より精度の高い検査薬の開発に成功しました!これにより誤判定の確率を従来の4~5%から、たったの1%以下に抑えたとの素晴らしい結果も出ているようです。

続きを読む ≫

ピロリ菌を除菌する前に知っておくべき除菌治療の4つの限界

「ピロリ菌除を除菌する前に知っておくべき除菌治療の4つの限界」の続きを読む

ピロリ菌を除菌することで、その後の潰瘍や胃がんの発症リスクを大きく抑えることができます。この除菌治療のメリットばかりが強調される一方で、そのリスクとデメリットをご存じですか?そんなピロリ菌の除菌治療における4つの限界について詳しく解説しています。

続きを読む ≫

「ピロリ菌除菌セット」がおすすめできない理由

「「ピロリ菌除菌セット」がおすすめできない理由」の続きを読む

サプリメントマニュアルでは、自宅にいながらにして、ピロリ菌感染の有無を調べる検査だけでなく、ピロリ菌の除菌までもが可能となる「ピロリ菌除菌セット」をおすすめしておりません。その理由は・・・ピロリ菌の除菌治療に潜む2つのリスクにあります。

続きを読む ≫

飲酒時のL-システイン服用で胃がん予防!但し、糖尿病リスク に注意

「飲酒時のL-システイン服用で胃がん予防!但し、糖尿病リスク に注意」の続きを読む

二日酔い予防などで知られる L-システインが、飲酒時に発生するアセトアルデヒドの増加を抑え、胃がんを予防する可能性が示されました。その一方で、L-システインの積極摂取は糖尿病を誘発するとの副作用の報告も…そこで、L-システインの安全な活用法を考えてみました。

続きを読む ≫

ピロリ菌が胃がんを引き起こすプロセスを図解でわかりやすく解説

「ピロリ菌が胃がんを引き起こすプロセスを図解でわかりやすく解説」の続きを読む

ピロリ菌が胃粘膜に炎症を引き起こし、やがてそれが胃粘膜を萎縮させ、遂には胃がんに至るという一般的なプロセスを、できる限りわかりやすく解説してみました。このプロセスを理解することは、より有効かつ効率的な胃がん予防策を講じる上で非常に重要だと考えています。

続きを読む ≫

あなたがこの10年間に胃がんを発症するリスクはどれくらい?

「あなたがこの10年間に胃がんを発症するリスクはどれくらい?」の続きを読む

今回、国立がん研究センターにより、今後10年間で胃がんを発症する確率を把握できる「胃がん罹患率予測モデル」が作成されました。この予測モデルは単にあなたの胃がんリスクを数値で示すだけのものではありません。予測モデルのポイントと概要、有効活用の必要性について。

続きを読む ≫

自分に最適な【胃がん検診】の検査方法や検査頻度を知る方法

「自分に最適な【胃がん検診】の検査方法や検査頻度を知る方法」の続きを読む

胃がん検診であなたが受けるべきはエックス線検査(バリウム検査)ですか?それとも内視鏡検査ですか?検査の頻度は何年に1回?あなたが負っている胃がんリスク別に”最適な胃がん対策”がわかる!「胃がん罹患率予測モデル」の具体的な活用法を詳しく解説しています。

続きを読む ≫

胃粘膜の萎縮が脂質代謝にも影響!ピロリ菌除菌で動脈硬化予防も

「胃粘膜の萎縮が脂質代謝にも影響!ピロリ菌除菌で動脈硬化予防も」の続きを読む

ピロリ菌の感染による胃粘膜の萎縮が、血液中の善玉や悪玉コレステロールといった脂質関連値に影響を及ぼす可能性が示されました。ピロリ菌の除菌は胃がん予防だけでなく、動脈硬化を抑制し、心筋梗塞や脳卒中などの予防効果も期待できるかも知れません。

続きを読む ≫