紅茶に含まれるポリフェノール「テアフラビン」の商品化に成功

「紅茶に含まれるポリフェノール「テアフラビン」の商品化に成功」の続きを読む

紅茶などに含まれるポリフェノールの一種「テアフラビン」は、以前より様々な優れた健康効果が報告されていましたが、今回、新しい機能性素材「テアフラビン」として開発され、発売されることになりました。これからは赤いマスク、赤い歯磨き粉が主流になるかも?

テアフラビンの様々な健康効果

前記事にひきつづきポリフェノール関連のトピックスです。紅茶やウーロン茶などに含まれるポリフェノールの一種で、紅茶の赤色のもととなっている成分「テアフラビン」は、以前より様々な優れた健康効果が報告されていました。

強力な抗酸化作用

もともとポリフェノールの中でもお茶の渋み成分であるタンニン類に分類されているテアフラビンは、タンニン同様に強力な抗酸化作用を持つことから、細胞や組織をフリーラジカルによる酸化ダメージから防ぎ、がんの予防効果が期待されています。

悪玉コレステロールを減らし、血糖値の上昇を抑制

また、テアフラビンは悪玉コレステロールの酸化を抑制し、善玉コレステロールに影響を与えることなく悪玉コレステロールのみを低下させることから、動脈硬化を予防し、さらに血糖値の上昇を抑制する効果もあることから、糖尿病を予防するなど、様々な生活習慣病の予防効果も期待されています。

抗菌作用・抗ウイルス作用

さらに、強力な抗菌作用があることから、殺菌・消毒効果があり、一般的な食中毒細菌に対しても殺菌効果があると言われていますし、風邪やインフルエンザなどのウイルスに対抗する抗ウイルス作用も確認されており、特に流行時期になると猛威をふるう、これらの感染症を予防する効果にも大いに期待されています。

優れた効果が期待されるものの利用は難しかった…

ところが、このテアフラビンは紅茶をつくる際、茶葉をしおらせて発酵させる過程で、茶葉の成分であるカテキンが茶葉自身が持っている酵素により変化してできる成分です。

ちなみに緑茶も同じ茶葉を使うのですが、緑茶の場合はしおらせずに蒸すため、その段階で酵素が死んでしまいテアフラビンは生成されません。

テアフラビンの存在と有効性は、以前より研究者の間で知られていたのですが、一定の茶葉から純粋な成分として抽出できる量は少なく、その確保に費用がかかるため、これまで研究はあまり進んでいませんでした。

前述のようにテアフラビンには様々な優れた効果が期待されているのですが、現状で世に出ているテアフラビン関連の商品は、その抗コレステロール効果や抗酸化作用による生活習慣病予防効果を謳ったサプリメントがほとんどのようです。

機能性素材「テアフラビン」の開発に成功!

赤茶色をした粉末状の機能性素材「テアフラビン」

ところが今回、焼津水産化学工業、静岡県、静岡県立大の共同研究によって、赤茶色をした粉末状の新しい機能性素材「テアフラビン」が開発され、発売されることになりました。発売されるテアフラビンの純度は、その効果が十分に発揮される40%を確保しているのだとか。

また、研究チームによれば、テアフラビンの新しい効果として、虫歯菌や歯周病菌をはじめとする口腔内細菌の増殖抑制効果が、下図のようにカテキンよりも大きく優れていることも確認されたのだそうです。

テアフラビンの虫歯菌増殖抑制効果をカテキンと比較した図
via. http://www.yskf.jp/product/news.html

今後は、サプリメントや健康食品だけでなく、その優れた抗ウイルス作用や抗菌作用を有効に活用した、インフルエンザ予防のためのマスクや歯磨き粉など、様々な商品となって登場することが期待されます

これまでは白いマスク、白い歯磨き粉が主流でしたが、ひょっとするとこれからは赤いマスク、赤い歯磨き粉が主流になるかも知れませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : サプリに関する最新報告