貧血に有効なビタミンB12は摂り過ぎるとがん発症リスクがアップする

「貧血に有効なビタミンB12は摂り過ぎるとがん発症リスクがアップする」の続きを読む

ビタミンB12は貧血をはじめとする欠乏症の様々な弊害が注目されてきた一方で、これまで過剰摂取については特に問題ないと考えられてきました。ところが今回、血中のビタミンB12濃度が高いほど発がんリスクが増加するという衝撃的な研究結果が発表されました。

ビタミンB12が貧血をもたらすメカニズム

ビタミンB12は「造血ビタミン」とも呼ばれ、葉酸やビタミンB6などとともに赤血球の合成に深く関わっている栄養素です。それらが不足するとたちまち造血作用が低下してしまい、赤血球をうまく作り出せなくなってしまいます。

具体的には、通常の赤血球よりもずっと大きな「巨赤芽球」と呼ばれる”異常な赤血球”が作られるのですが、この「巨赤芽球」は成熟しないうちに死滅してしまうことが多く、作っても作っても赤血球が不足する状態に陥ってしまいます。

このように赤血球の合成に必要なビタミンB12や葉酸などが体内で不足することにより、十分な赤血球が作られないために発症する貧血を「巨赤芽球性貧血」と言います。かつては有効な治療法が見つからず、そのため「悪性貧血」と呼ばれていたのですが、現在ではビタミンB12や葉酸を補給すればすぐに良くなるので「巨赤芽球性貧血」と呼ぶのが一般的なようです。

一方、ビタミンB12を体内に吸収するためには、胃で分泌される胃液に含まれる内因子が必要なのですが、胃がんなどの治療のために胃を切除してしまった人や、高齢者など胃粘膜が萎縮することで胃液が出にくくなってしまった人の場合、その内因子が不足することによりビタミンB12をうまく吸収できないために貧血に陥ってしまうことがあります。現在では、特に胃粘膜の萎縮によるビタミンB12の吸収障害を原因とした貧血を「悪性貧血」と呼んでいるようです。

他にもある!ビタミンB12の重要な役割と様々なビタミンB12欠乏症

また、ビタミンB12は新しい細胞を作るための設計図たる遺伝情報を収めたDNAを合成したり、細胞の材料となるタンパク質の合成に必要な栄養素でもあります。従って、正常な新しい細胞を生み出すのに必要なビタミンB12が不足した場合、前述の赤血球のみならず体内の様々な細胞が正常に作られなくなってしまいます。

この他にもビタミンB12は、神経の働きを正常に保つ役割、タンパク質や脂質、炭水化物の代謝を助ける役割、さらには動脈硬化を予防する役割もあることから、ビタミンB12の欠乏は単に貧血だけでなく、疲労感や肌荒れ、手足のしびれ、記憶力の低下、不眠やうつなど身体的・精神的な様々な不調をもたらすだけでなく、さらにはアルツハイマー病や脳梗塞、心筋梗塞などの重大な疾患を引き起こす原因にもなると考えられています。

ビタミンB12の過剰摂取に関する最新の研究結果

以上のように、ビタミンB12については貧血を中心とした欠乏症のリスクのみ問題視されてきた一方で、ビタミンB12の過剰摂取については、たとえ摂りすぎた場合であっても必要以上には吸収されないことから、これまでは特に心配はないと考えられてきました。

ところが先日、血中のビタミンB12濃度が高かった人を対象に追跡調査をしたところ、ビタミンB12濃度が高い人ほど、1年以内に特定の癌を発症するリスクが高かったという衝撃的な研究結果が米医学誌「Journal of the National Cancer Institute」に報告されたのです。

これまでは欠乏症による様々な身体の不調や疾患のリスクばかりがクローズアップされてきたビタミンB12について、日頃から多く摂取しているとがんになりやすくなるという過剰摂取による弊害の可能性が示されたわけです。

【2016.4.5 追記】 この記述に関して、読者様よりご指摘をいただきました。

引用させていただいた論文の主旨は、何らかの理由でビタミンB12が血中に多く滞在している人ほど、一部のがんを発症するリスクが高かったことから、血中のビタミンB12濃度が特定の癌のマーカーとして利用できる可能性を示唆したものに過ぎません。

従って、これをもって「ビタミンB12の過剰摂取による弊害の可能性」とまで表現してしまった本記事は、いささか乱暴であったと言わざるを得ませんでした。

ただ、詳しくは後述しますが、血中のビタミンB12濃度が高い人ほど、発症リスクの上昇が認められた癌種は、喫煙や飲酒などの生活習慣に起因する一部のがん種に限られており、このがん種のリスク因子を既に有している人の中にも、現在何らかの必要性から、ビタミンB12を積極的に摂取している方もおられると思われます。

少なくともそのような方に対して、これまでは欠乏症による身体の不調や、疾患のリスクばかりがクローズアップされてきたビタミンB12に関して、このような報告もあるということをお伝えすることが重要であるとの考えは、今も変わるものではありません。

従って、これより先のお話は、引用した論文の主旨からは少々逸脱しております。あくまで管理人である私の個人的な見解として読み進めていただければ幸いです。

この機会に記事内容を書き直すことも考えたのですが、このような趣旨から、注釈という形で訂正を入れておくことに致しました。今回、ご指摘をいただきました健康マニア様、ありがとうございました。

この研究結果を受けて・・・特に重く受け止めるべき人は?

その報告によると、血中のビタミンB12の濃度が高いほど、1年以内の短期でがんを発症するリスクが増加する傾向にあり、しかも、血中ビタミンB12濃度が最も高いグループでは発がんリスクが6倍以上も跳ね上がるという結果が出たのだとか。

つらい貧血症状に悩まれている方の中には、ビタミンB12単体やビタミンB12をメイン成分とするサプリメントや健康食品を日常的に摂取されている方も少なくないのではないでしょうか。特にそのような方にとっては今回の研究結果は非常に気になるところであります。

また、今回の研究で発症リスクの上昇が認められたがんは、全ての種類のがんに当てはまるわけではありませんでした。血中のビタミンB12濃度と発症リスク上昇との関連が特に認められたがんの種類は、喫煙やアルコールに関連するがんと血液がんだったのだとか。

と言うことは、少なくとも喫煙や飲酒習慣のある方は、その習慣自体に基づくがんのリスク要因を既に有している上に、さらにビタミンB12の過剰摂取によるリスクが付加される可能性がでてきたことになりますので、特に今回の研究結果を重く受け止める必要があると言えますね。

ちなみにビタミンBは単体で摂取するよりも、ビタミンB群として、ビタミンB1、B2、B6などと一緒に摂取する方が、それぞれの相互作用が期待できるので効果的だと言えます。これまでビタミンB12に特化したサプリメント対策を取られていた場合には、今回の研究結果を受けてビタミンB12単体ではなくビタミンB群として摂取するなどの転換を図られてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : サプリに関する最新報告