食物アレルギーを原因とするむくみ症状とアルコールの弊害について

Category : むくみ

こんな症状が出たら要注意!通常のむくみではない食物アレルギーを原因とするむくみの具体的な症状を明らかにします。またアルコールもまた見過ごされがちなむくみの一原因。アルコールとむくみの因果関係を解説しています。

これまで心臓病や腎臓病を原因とするむくみ、ホルモンバランスの乱れを原因とするむくみ、塩分摂取の過不足やミネラル摂取不足によるむくみ、さらに特にホルモンを原因とするむくみに有効なビタミンB6摂取の際の注意点について見てきたわけですが、最後に食物アレルギーを原因とするむくみとその特有の症状、さらに、むくみとアルコールとの関係についても触れておきたいと思います。

食物アレルギーによるむくみと特有の症状

特に朝起きた時、むくみ症状と同時に鼻詰まりや目の腫れ、頭痛などの症状がある人は、これまで説明してきた心臓病や腎臓病などの病を原因とするもの、ホルモンを原因とするもの、ナトリウムの過不足を原因とするもの、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルの摂取不足や摂取バランスの乱れを原因とするむくみ以外の原因である、食品アレルギーを原因とするむくみが疑われます

少しでも上記症状に心当たりのある方は、安易にサプリメントに頼ることなく早めに専門医の診察をお受けになられることをおすすめします。

むくみとアルコールの関係

アルコールには利尿作用がありますが、排尿の際、ビタミンやミネラルも一緒に体外に排出されてしまいます。アルコールの摂取量が多い人は、自然に慢性的なビタミン・ミネラル不足に陥っている可能性があります。

またサプリメント等を利用して、むくみに有効なビタミンB群やカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルをせっせと補給していたとしても、アルコールの利尿作用により、折角摂取したビタミン・ミネラルがそのまま排出されていては目も当てられませんよね。その意味でも特にむくみ症状が気になる時にはアルコールの摂取を控えた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : むくみ