赤ちゃんの先天性股関節脱臼の診断遅れて治療が難しくなる事例が増加

「赤ちゃんの先天性股関節脱臼の診断遅れて治療が難しくなる事例が増加」の続きを読む

赤ちゃんの股関節が脱臼し、骨がずれてしまったり、はずれてしまう「先天性股関節脱臼」に関して、これまで行われてきた啓発の効果や、昨今の少子化によって患者数そのものは激減しているものの、その一方で病気の発見が遅れてしまう事例が増加傾向にあるようです。

先天性股関節脱臼は早期に発見できれば楽に治せます

先天性股関節脱臼は女の子に圧倒的に多い病気で、疾患名に「先天性」と付いてはいますが、実際はその9割が後天的なものです。従来であれば生後3~4か月検診で発見される場合が多く、そのような早期に発見できて、脱臼の程度も軽いような場合には、例えばおむつの当て方や抱っこの仕方など、日常のちょっとした注意を心がけるだけで、簡単に治る場合も多いようです。

そんな日常の注意だけで症状が改善されない場合には、「リーメンビューゲル」と呼ばれる専用の治療用装具を装着して治療することになります。「リーメンビューゲル」は3~4ヶ月ほど装着しているだけで、自然に脱臼が治るよう工夫された装具で、この治療によってほとんどの先天性股関節脱臼を治すことができます

先天成功関節脱臼の発見が遅れる理由

ところがです。今回問題になったように、0歳児の定期検診で見つけることができずに、歩き初めてようやく異変に気付くなど、発見が遅れてしまう事例がここにきて目立っているのだとか。その理由には二つあって・・・

骨格が完成した大人の脱臼であれば、激痛を伴い完全にずれてしまうと関節を動かすことすらできませんが、先天性股関節脱臼の場合は、痛みがあるとか、足が動かないとか、そう言った明らかに異常に気づけるサインがあまりなく、素人目にはとてもわかりにくい病気だからという点がまず一つ。

そしてもう一つは、これまで行われてきた啓発の効果や、昨今の少子化によって先天性股関節脱臼の患者数そのものが激減したために、知識のある医師や保健師が減ってしまったためだと考えられています。

先天性股関節脱臼の発見が遅れると治療が大変に・・・

病気の発見が遅れ、治療の開始が遅れてしまうと、関節が外れたままで骨の成長が進んでしまうため、その治療は格段に難しくなります。上記の「リーメンビューゲル」をつけても症状が改善しない場合は、通常は入院を要する「牽引」という足を引っ張る治療が必要になります。それでもダメな場合は、全体の3%ほどなのですが外科的手術が必要になる場合もあります。

以上のように、先天性股関節脱臼は具体的な症状がほとんど現れないにもかかわらず、治療の開始が遅くなれば遅くなるほど治りにくくなりますので、日頃から注意深く観察してできるだけ早期に発見してあげることが何よりも重要です。そこで、この先天性股関節脱臼を早期に発見するためのチェック方法を、最後に見ておくことにしましょう。

先天性股関節脱臼を早期に見抜くポイント

  • 膝を曲げた状態で股を広げると股関節で音が鳴る。
  • 両足を曲げて膝が外を向くように広げると開きが悪い。
  • 両足を揃えると、太ももやお尻のシワの数や位置が左右で異なる。
  • 両足の足の長さが異なる
  • 片方の足の動きが鈍いように感じる
  • 歩き始めが遅く、歩き出しても足を引きずるように歩く。

毎回のおむつの交換時などこまめにチェックして、もしも「なんとなくおかしい」と異変を感じた場合は、迷わず整形外科での受診されることをおすすめしておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : 健康・医学の最新情報