味噌汁の塩分を気にし過ぎてませんか?むしろ心不全を予防する効果も

「味噌汁の塩分を気にし過ぎてませんか?むしろ心不全を予防する効果も」の続きを読む

味噌汁による塩分の摂取は、他の方法で塩分を摂取するよりも高血圧症や、それに伴う心不全などのリスクは低くなる可能性があることが最近のマウス研究で明らかになりました。同じ量の塩分を摂っても血圧が上がりにくい味噌汁の秘密について詳しく解説しています。

味噌汁たった1杯で一日の塩分摂取基準の1割を超えてしまう

厚労省による1日当たり塩分の摂取基準は次の通り。

  • 男性 : 9グラム未満
  • 女性 : 7.5グラム未満

味噌汁1杯の塩分摂取量は約1グラムですので、味噌汁だけで一日の塩分摂取基準の1割を越えてしまうことになります。

今や日本人の3人に1人が高血圧と言われています。「味噌汁は好きなんだけど塩分が・・・」と、控えてらっしゃる方も少なくないのではないでしょうか?今回、そんな方にちょっと嬉しい研究成果が発表されました。

共立女子大学家政学部の上原誉志夫教授はラットに味噌汁を飲ませ、同じ濃度の食塩水を与えた場合と血圧や腎臓、心臓の状態を比べた。

味噌汁を約2カ月間飲ませたラットと、味噌汁と同じ塩分濃度の食塩水を与えたラットを比べた。実験終了までの食塩摂取量の合計は味噌汁を飲んだラットが約48グラム。食塩水の方は約40グラムだった。

血圧はともに徐々に上がったが、味噌汁を飲んだラットの血圧は食塩水のラットを常に下回った。味噌汁のラットの最終的な血圧は、食塩水のラットが計32グラムの食塩を摂取した時の血圧にほぼ相当していた。上原教授は「30%の食塩をカットした効果がある」と分析する。

同じ量の塩分を摂っても血圧が上がりにくい味噌汁の秘密

食塩水に比べて味噌汁で約30%もの食塩がカットできた理由は、味噌汁のもつ利尿作用によって水分と塩分の両方が体外に排出され、血圧が上がりにくくなったのではないかと考えられています。さらにそれに加えて、発酵食品である味噌の有効成分が血管を広げる作用をもつ可能性もあるのだとか。

心不全を予防する効果も期待できる可能性!

また塩分の摂取は心臓の筋肉組織が硬くなってしまう”線維化”を促進することがわかっていますが、食塩水により塩分を摂取した時にくらべて、味噌汁により塩分を摂取した場合はその”線維化”の進行が遅かったことが判明しました。

さらに味噌汁を飲んだマウスの心臓のポンプ機能は食塩水のマウスに比べ良好だったことから、心不全の予防効果も期待できる可能性があるのだそうです。

それでもやはり摂り過ぎは禁物!一日一杯が適量

ただし、あくまでこれらはマウス実験でのお話で、この結果がそのままヒトに当てはまるとは限りません。ですが、味噌汁による塩分の摂取は、他の方法で塩分を摂取するよりも高血圧症や、それに伴う心不全などのリスクは低くなる可能性があることがわかったことは、古くから味噌汁を愛する日本人には嬉しい結果だと言えますね。

また味噌汁には食欲増進効果などの利点もあるので、夏バテ対策、熱中症対策に有効に活用しない手はありません。とは言え、やはり摂りすぎは禁物。あくまで摂取塩分的には味噌汁は一日一杯程度が適量なのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : 健康・医学の最新情報