今すぐに始められる!足のむくみを徹底的に予防し、改善する5つの対策

Category : むくみ
「entry.title」の続きを読む

足がむくむ原因とそのメカニズムから考えられる、足のむくみを徹底的に予防し、症状を緩和・改善する5つの対策について具体的に解説しています。どれも今すぐにでも始められる対策ばかりですので、早速あなたの生活習慣に採り入れてみてはいかがでしょうか。

前記事では足のむくみの原因とそのメカニズムについて具体的に見てきました。今回はそこから考えられる5つの足のむくみ対策を列挙し、それぞれについて具体的に解説していくことにします。今すぐにでも始められる対策ばかりですので、たとえ少しずつでも日々の生活習慣に採り入れてみてはいかがでしょう。

  1. 適度な運動で脚の筋力を維持する
  2. たとえ座った状態でもふくらはぎのポンプを働かせることは可能
  3. 意識して定期的に席を離れる
  4. 着圧・加圧・弾性ストッキングなどを着用する
  5. マッサージやストレッチでケアをする

1.適度な運動で脚の筋力を維持する

足のむくみの原因とそのメカニズム…」でも説明しましたが、ふくらはぎの筋肉が弱ってしまうと、第二の心臓たるポンプ機能が十分に働かなくなってしまいます。すると、下半身を巡る血液やリンパの流れが滞りがちになり、やがて、血液中の水分や老廃物などが下半身に停滞してしまうことに・・・結局、それがむくみ症状となって現れるわけです。

ですから、日頃から適度な運動を心がけ、脚の筋力の維持を図ることが非常に大切だと言えますね。特に階段の上り下りは脚の筋肉を酷使しますので、血流の改善に効果的です。できるだけエレベーターを使わずに階段を利用するなどの心がけが大切です。

2.たとえ座った状態でもふくらはぎのポンプを働かせることは可能

デスクワークを強いられている方は、どうしても毎日まとまった時間座り続けなければなりません。ですが、たとえ座った状態であっても、第二のポンプ・・・つまり、ふくらはぎの筋肉を動かすことが可能なことに気付いてください。

例えばかかとは床につけたままで、つま先を上に持ち上げたり、逆につま先を床につけたままで、かかとを上げ下げしたりするだけでも、ふくらはぎのポンプを働かせることは可能です。また、いわゆる「貧乏揺すり」も、頑固な冷え症状にも効くほどですから、下半身の血流の促進に効果的だと言えますね。

3.意識して定期的に席を離れる

以上のような座っていてもできる運動も大切ですが、ふくらはぎのポンプを活発に働かせるためには、やはり実際に立って歩くことが重要なのは言うまでもありません。携帯や時計、パソコンのタイマーやアラーム機能などを活用して、席を離れなければできない仕事を意識して分散させるなどして、定期的に席を離れるような工夫をしてみましょう。たとえ1時間に1回でも、実際に席を立って歩き、ふくらはぎの筋肉を大きく収縮させることで、むくみ症状の予防と緩和が図れると考えます。

4.着圧・加圧・弾性ストッキングなどを着用する

着圧・加圧・弾性ストッキング」とは、脚のむくみ解消のポイントとなる足首や第二の心臓たるふくらはぎ、膝、太もも、腰回り・・・と、脚の各部位ごとに最適な圧力が加わるよう特別に設計されたストッキングです。

これを着用するだけで、下方に滞った血流を下から上へと押し流す効果が期待できるという優れものですが、もちろん単に圧力が強ければ良いわけではありません。場合によっては強すぎる着圧によって、逆に動脈の血行障害や静脈の環流障害を引き起こしてしまう恐れもあります。

着圧・加圧・弾性ストッキングを選ぶポイント

そのために重要なことは、何よりもご自身の脚に合った商品を見つけることだと言えますね。足首やふくらはぎ、太ももなど各部位の着圧度はメーカーごとに独自の設定がなされていますし、最近ではストッキングだけでなくタイツやレギンス、ソックスタイプなど様々な商品がありますので、皆さんの着用シーンに合わせて、まずは色々と試してみるのが良いかと思います。

中でも「 着圧・弾性・加圧ストッキングの決定版!キュットスリム 」はサイズはもちろんカラーバリエーションも多彩ですし、上級者用、初級・中級者用の2種類のストッキングに、タイツ、ハイソックスタイプなど選択肢も豊富です。価格もお手頃ですし、それに何より定価よりも割安で試せる「初めてさん限定割引キャンペーン 」も用意されているので、まだご自身にピッタリ合った商品が見つかっていない方は、一度試してみる価値はあるかと。

材質にとことんこだわった商品も

着圧ストッキングやタイツ、ソックスを選ぶポイントは、その着圧度だけではありません。使われている材質によっては、蒸れや臭いが気になる商品もあるようで、特にストッキングやタイツは長時間着用するものですので、どうしても蒸れによるかぶれやただれ、ひどくなると皮膚炎や感染症を引き起こすケースもあるのだとか。

着圧タイツ・レギンス「あげまじょ」は、防菌防臭加工が施されているだけでなく、セラミック配合繊維を使用しており、体温により温められたセラミックが遠赤外線を放射し、体の中からじんわり温めると同時に汗などの水分が蒸発しやすく蒸れにくい構造になっています。

もちろん着圧効果にも徹底的にこだわっていて、ガードル部分でサポートするお腹まわりから足先までをしっかりサポートする下半身一体型構造。6部分別5段階着圧により、ただ締め付けるだけの着圧商品とは違う”補正商品”として売り出されているほどです。

徹底した蒸れ、臭い対策ならこの商品!

VENOSAN 医療用弾性ストッキング 」はソックスタイプのみしかありませんが、医療用弾性ストッキングで培ったノウハウを活かし、スポーツウェアなどに使用されるストレッチ素材の代表繊維Lycra®を採用し、長時間最適な圧迫圧を維持します。

また、何より注目すべきは「 VENOSAN 医療用弾性ストッキング 」の臭い対策で、最新技術で繊維に99.9%純銀が特殊コーティングされており、抗菌・防臭熱コントロール・静電作用により夏涼しく、冬暖かい履き心地を実現しています。

特に足首からふくらはぎにかけてのむくみに悩まれている方で、これまでの着圧ストッキングでは足の蒸れや臭いが気になっていた方は、試してみる価値があるかと思います。

5.マッサージやストレッチでケアをする

ここまでは「むくみ対策」と言っても予防的な意味合いの強い対策ですが、実際にむくみ症状が出てしまった場合にはマッサージやストレッチなどのケアが欠かせません。足のむくみを解消するマッサージ方法やストレッチ方法については、図解や写真などを使って様々なサイトで紹介されていますが、実際に色々試してみて一番効果があったサイトと動画は次の通りです。

足のむくみをとるマッサージ

マッサージに関して様々なサイトでの解説や動画がありますが、サプリメントマニュアルは下記の動画を一番にオススメします。プロのエステティシャンの方が監修されている動画で、音声やBGMがないのはちょっと残念ですが、大きな字幕で具体的な手順や施術の際のちょっとしたコツなどがすごく詳しく解説されています。

血流には酸素を豊富に含んだ新鮮な血液を身体の隅々に送り出す動脈と、全身をめぐり二酸化炭素を回収した古い血液を心臓へ送り返す静脈の二方向の流れがありますが、下半身のリンパの流れは足先から上半身へ向かう一方通行の流れしかありません。従って、リンパ液が停滞することによって脚の様々な部分に留まってしまった水分や老廃物を、足先から上半身へ向かって順々に押し出してやるイメージですね。この辺を頭に入れてマッサージしてやるのがポイントだと思われます。

足のむくみを解消するストレッチ

ふくらはぎの筋肉、腓腹筋とヒラメ筋

これまで何度もご説明した通り、足のむくみを予防し、解消する一番のポイントは第二の心臓たるふくらはぎの筋肉です。

このふくらはぎの筋肉には、腓腹筋ヒラメ筋という二つの大きな筋肉があるのですが、単に「ふくらはぎのストレッチ」として一緒くたにストレッチをするよりも、腓腹筋、ヒラメ筋というそれぞれの筋肉を意識しつつ個別にストレッチするのが効果的だと思われます。

この二つの筋肉ごとに個別にストレッチする方法を詳しく解説しているのが下記のサイトです。

足のむくみを解消するストレッチ|All About

これらの他にも様々なマッサージ方法やストレッチ方法を解説したサイトや動画が沢山ありますので、色々と実際に試してみて、ご自分にピッタリ合った方法を探してみてはいかがでしょうか。それを日々実践し、生活習慣の1つとして採り入れてしまうのが良いと思われます。

実はヨーロッパでの足のむくみ対策の主流は日本とは異なります

以上、これまで日本で行われてきた主な足のむくみ対策を列挙してみました。ちなみに「日本で」とわざわざ限定したのには意味があって、実は海外、ことにヨーロッパにおいては、足のむくみに対して日本とは異なる対処法が古くから確立していたと言います。日本で行われてきたマッサージやストレッチと言った、言ってみれば外からの対症療法とは異なり、ヨーロッパのそれは身体の内側からむくみ症状を改善する薬物療法が主流なのだそうです。

そして今回、ついに日本にも足のむくみに効く飲み薬「アンチスタックス」が発売されるようになりました。この足のむくみ治療の最新トピックスに関しては、次の記事「足のむくみに効く”日本初”の飲み薬「アンチスタックス」が発売に!」で詳しく取り上げておりますので、興味のある方は是非ご一読いただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : むくみ