足のむくみの原因とそのメカニズムをきちんと理解して正しい対処を!

Category : むくみ
「足のむくみの原因とそのメカニズムをきちんと理解して正しい対処を!」の続きを読む

多くの女性が悩んでいると言われる「足のむくみ」。正しく、より効果的な予防法や対処法を実践するためには、足のむくみの原因やそのメカニズムをきちんと理解する必要があります。本記事では足がむくむ原因やメカニズムを具体的にわかりやすく解説しています。

これまでこの「むくみ」カテゴリでは、全身症状としてのむくみについて考えてきました。むくみを生じさせる様々な原因を列挙し、その原因ごとに食生活を中心とした生活習慣上の対策やサプリメントなどによる対処法について具体的にみてきたわけです。全身症状としてのむくみに悩まれている方は、以下の記事を参照していただければと思います。

今回はむくみの中でも特に多くの女性が悩んでいると言われる”足のむくみ”について、その予防法や対処法についてわかりやすく解説していきたいと思います。さらに今回、日本で初めて”足のむくみに効く飲み薬”が発売されることになりました。西洋ハーブを用いた薬物療法は、ヨーロッパでは古くから確立しており、これまで日本で行われてきた主な対処法であるマッサージやストレッチとは違う、身体の内側から改善する新しい足のむくみ対策と言えますね。そんな足のむくみ治療に関する最新のトピックスについても詳しくとりあげていきたいと思います。

足のむくみに正しく対処するためには、その原因とそのメカニズムを理解する必要があると考えます。ですので、具体的な対策の話をする前に、まずは足のむくみの原因とメカニズムについて簡単に見ていくことにしましょう。

足のむくみの原因は重力だけではありません

今や女性の50%以上もの人が悩んでいると言われる足のむくみ。脚は心臓から最も遠い位置にあるのでただでさえ血流が悪くなりやすい上に、横になっている時以外は常に重力の影響を大きく受けているので、必然的にむくみ症状が出やすい部位だと言えます。

足のむくみは一般的に立ち仕事の人に多い症状だと考えられがちですが、実は長時間椅子に座って仕事をしているデスクワークの人にもよく見られる症状です。座っている時の方が立っている時に比べて体感的には楽ですし、重力の影響も少ないはずなのになぜなのでしょうか?

ふくらはぎは第二の心臓

ポンプ

身体のすみずみにまで血液を巡らせるポンプの役割を果たしているのは心臓ですが、身体に備わったポンプはそれだけではありません。ふくらはぎの大きな筋肉が、言ってみれば第二の心臓の役目を果たし、心臓によって脚まで運ばれてきた血液を、強力に心臓のある上半身へと送り返しているのです。

ところがデスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けていると、そのふくらはぎの筋肉がポンプの役目を上手く果たすことができなくなり、やがて上半身へと送り返すべき血液が脚に滞りがちになってしまいます。すると血液中の水分が細胞と細胞の隙間などに入り込み停滞してしまうわけです。

リンパの流れもふくらはぎのポンプを活用

また、上記の血液循環とは別に、足の末端から上半身へ向けての一方的な流れで、細胞と細胞の隙間にたまった体液や筋肉中にたまった乳酸や脂肪分などの老廃物を回収しているのがリンパです。その中に流れるリンパ液も、実は脚の筋肉のポンプを利用して上半身へ送り出されているのです。ところが長時間同じ姿勢で座ったままでいると、当然にしてこのリンパの流れも滞ってしまうことに・・・結局これが足のむくみとなって現れるわけですね。

心臓の機能低下や加齢による脚の筋力の低下もむくみの原因に・・・

同様に、心臓に何らかの疾患がある時、たとえそうでなくても疲労が蓄積した時、あるは睡眠不足な状態が続いている時など、心臓の機能に何らかの低下要因があるような場合にも、足のむくみ症状がおきやすくなると言えます。さらに特に心機能の低下が見られない場合であっても、加齢のために脚の筋力、特にふくらはぎの筋力が低下することでも、第二のポンプの機能が低下するわけですから、これも足のむくみの原因となることは言うまでもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : むくみ