高血圧の遺伝リスクは回避可能なことが判明!高血圧の改善はトータルで考えましょう

親が高血圧症をもっている場合、高血圧の発症リスクはその子供へと一定の確率で遺伝することが確認されています。しかし最近の研究で、高血圧の遺伝リスクを回避することが可能であることが判明しました。あなたの高血圧は遺伝だからと諦めてはいませんか?

高血圧の原因

今や日本人の4人に1人は高血圧症で、その割合は年を重ねるごとに上がり続け、50歳代で2人に1人、60歳代になると3人に2人の方が高血圧症に悩んでいるとの調査結果が出ています。高血圧の主な原因は遺伝と食生活を含めた生活習慣因子だと考えられていますが、特に前者の高血圧と遺伝との関係は未だ全てが解明されたわけではなく、まだ多くの謎が残っているのだとか。

高血圧は遺伝します

とは言っても”高血圧になりやすい家系”というものが存在することも確かで、高血圧症を発症する遺伝的因子が、ある一定の確率で親から子へ、さらに子から孫へと受け継がれると考えられてきました。親の高血圧症がその子供に遺伝する確率は次の通りです。

  1. 両親ともに高血圧ではない場合     5%
  2. 片親だけが高血圧の場合             30%
  3. 両親ともに高血圧の場合             60%

日常の”適度な運動”で高血圧リスクが34%もダウン!

ところが、最近の研究結果によると、たとえ高血圧の家系に生まれて、親から高血圧を発症する遺伝的因子を受け継いだ人であったとしても、常日頃から”適度な運動”を心がけている人は、運動をほとんどしない人に比べて高血圧を発症するリスク約34%も低くなることがわかりました。さらにその”適度な運動”は、例えばスポーツジムに通っての一定の時間を確保した上での激しいトレーニングといったものである必要はなく、毎日早歩きを70分程度行うだけでも十分な効果があるのだとか。

高血圧の改善はトータルで考えましょう

今回の研究結果によって、少なくとも、従来いわれていた「私の高血圧は遺伝だから仕方ない・・・」などと諦める必要がなくなったことは、とても重要だと言えますね。また、高血圧の発症には遺伝だけでなく、塩分の摂りすぎや、運動不足、肥満、ストレス、喫煙や飲酒などの生活習慣が大きく影響しています。日常の適度な運動を心がけるだけでなく、さらに摂取する塩分の量をしっかりと把握したり、肥満のある人は肥満を解消し、喫煙や飲酒習慣のある人はその習慣を見直すなど、一つ一つの危険因子をつぶしていくことにより、トータルで高血圧を改善していくべきだと言えますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : 健康・医学の最新情報