睡眠時間の短い人は糖尿病の発症リスクが5倍以上!

糖尿病の発症リスクと睡眠時間との関連性については、これまでも欧米でいくつかの研究結果が発表されてきましたが、最近日本で発表された新しい研究結果を詳しく解説するとともに、それに基づく対策を具体的に考えてみました。

糖尿病の発症リスクと睡眠時間との関連性については、例えばオランダのライデン大学メディカルセンターの研究者によって発表された、「睡眠時間が短すぎると、たとえ血糖値が正常であっても、インスリンの作用を受ける細胞の感受性自体が悪くなり、その結果、糖尿病発症のリスクが高くなる。」など、これまでにも欧米でいくつかの研究結果が発表されてきました。

睡眠時間と糖尿病発症リスクの関連性は日本でも

今回、日本の旭川大や北海道大を中心とした研究チームにより、2003年から33~55歳の男女3570人を対象にして、睡眠時間や眠りの満足度などを調査し詳しく分析した結果、1日の平均睡眠時間が5時間以下の人は、7時間超の人と比べて糖尿病発症の危険性が5倍以上も高くなることが判明したそうです。

より具体的には、睡眠が5時間以下の人は7時間超の人と比べて約5.4倍も糖尿病の発症リスクが高かったんだそうですが、この調査は単に睡眠の時間的側面にとどまらず、たとえ時間的には十分に睡眠をとっている人でも、睡眠の質の悪い人、つまり・・・普段から睡眠不足を感じてる人は、感じてない人より約6.8倍、夜中によく目が覚めてしまう人は、そうでない人より約5倍・・・と言った具合に、睡眠の質にも着目した調査だった点にも注目すべきですね。

睡眠時間がとれない人は睡眠の質を高めてカバー

もちろん、糖尿病の発症リスクと睡眠時間との関係を明らかにした、この調査結果を踏まえると、十分な睡眠時間を確保するための努力や工夫を、各個人それぞれが、それぞれの生活の中で図っていく必要があるわけですが、現実問題として常にそれが可能であるとは限りません。中には、7時間超の睡眠時間を確保することが現実的に困難な人も少なからずおられるでしょう。そのような場合には、必ずしも睡眠時間数にこだわる必要はなく、絶対的な時間が確保できないのであれば、その分だけ睡眠の質を高めれば良いのではなかと、サプリメントマニュアルでは考えます。

糖尿病発症リスクを知ってリスクをコントロール

また、睡眠時間が少ないというのは、糖尿病発症の一つの要因でしかありません。何らかの理由で睡眠時間という要因をつぶせないのであれば、自分が糖尿病発症の一つの要因を持っていることをしっかりと自覚して、糖尿病発症のその他の要因をつぶして行けば良いのです。具体的には、日頃から適度な運動を心がけるとか、バランスのとれた適量な食事を、毎日決まった時間に食べるだとか、甘いものや脂っこいものを控えるだとか、そうやって糖尿病の発症リスクをトータルでケアして行けば良いのだと考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : 健康・医学の最新情報