胃痛や胃の不快感を予防・解消するサプリメントはコレで決まり!

「胃痛や胃の不快感を予防・解消するサプリメントはコレで決まり!」の続きを読む

胃痛や胃の不快感が長引いていたり、何度も繰り返す場合には、西洋医薬による対症療法ではキリがないばかりか、胃薬の常用による副作用も気になるところ…そこで、東洋医学に基づく「漢方の考え方」と、栄養学の視点という2つの異なるアプローチから胃痛サプリ対策を考えてみました

長引く胃痛や胃の不快感が…でも胃薬に頼りたくない

この記事は以下のようなお悩みを抱えている方に、是非とも読んでいただきたい内容になっております。

  • 長引く胃痛や胃の不快感に悩まされている
  • 胃が弱いのは体質のせいだと諦めている
  • ちょっとしたことですぐに胃の調子を崩してしまう
  • そんなこんなで胃薬を手放せない
  • でも、本当はできるだけ胃薬には頼りたくない
  • 胃薬を飲めば症状は治まるものの、薬を飲む頻度が増えてきた
  • 胃薬の効きが弱くなってきていると感じたことがある

胃はとてもデリケートな器官ですから、誰しもちょっとしたことで調子を崩すことは珍しくなく、それを癒やすための胃薬は、我々にとっては薬の中でも最も身近な存在だと言えますね。

ところが、そんな身近な胃薬であっても、やはり「薬」には違いありません。そして、薬の服用には必ず何らかの副作用を伴うと考えるべきなのです。

胃薬に指摘されている様々な副作用について

もちろん一般論として、薬の常用は肝臓にダメージを与えます。胃薬も薬である以上、そのリスクは少なからず存在するでしょうし、胃薬は常用することで次第に”薬の効き”自体も弱くなるとも言われています。

胃薬に特有な副作用としては、胃薬は胃酸の分泌を強制的にコントロールするものが多いため、胃酸の分泌バランスの崩れによる消化不良や下痢、それに伴うビタミンやミネラルなどの大切な栄養素の吸収力低下などが指摘されています。

その結果、免疫力の低下を招き、感染症にかかりやすくなったり、便秘や肌荒れといった具体的な症状となってあらわれることになります。

胃薬の副作用

また、胃痛の主要な原因の一つでもあるストレスを緩和する目的で、胃薬の中には抗うつ成分が含まれているものも存在し、それを常用してしまうと飲み続けなければ不安になる…といった依存症的な状態に陥るケースもあるのだとか。

さらに、多くの胃薬に添加されているアルミニウムによる弊害も見逃せません。アルミニウムは身体に必要なミネラルですが、長期に渡って過剰に摂取した場合、アルツハイマー病の原因となる可能性も指摘されているからです。

2つの異なるアプローチで安全な胃痛サプリ対策を考える

そこで本記事では、そんな胃薬に頼ることなく、胃痛や胃の不快感を緩和・改善し、さらに胃痛予防という側面を重視した、東洋医学に基づく漢方の考え方と、当サイトのメインテーマである栄養学の視点という2つの異なるアプローチによる胃痛サプリ対策をご提案しています。

いずれも独立した内容になっていますので、どちらから読んでいただいても構いませんし、お忙しい方は、どちらか片方だけでも必ずや得るものがあると自負しています。

是非、この機会にあなたに合ったサプリメント対策を見つけていただき、胃薬に頼ることなく、胃痛や胃の不快感のない晴れやかな生活を取り戻すお手伝いができれば幸いです

【1】東洋医学に基づく「漢方の考え方」から胃痛を根本的に解決する

キリキリとしたつらい胃の痛みや、ムカムカとした胃のむかつき、胃酸過多によって”きみず”がこみ上げてくるあのイヤな感覚など、胃に何らかのトラブルを抱えていると生活の質は大きく低下してしまいます。

まだ、それが単発的な症状で、胃薬を飲めばすぐに治まるような場合には、特に問題はないのですが、これらの症状が長引いていたり、ちょっとしたストレスや生活習慣の乱れなどによって何度もぶり返しているような場合には注意が必要です。

なぜなら、そういった西洋医学的な対症療法、つまり、現在悩まされている症状を抑えることだけを考えた治療法に頼っていると、胃痛の原因自体を取り除かない限り、すぐにまたぶり返してしまうのは当然の結果だとも言えるからです。

しかし、胃痛の大きな原因であるストレスを軽減したり、食生活を含めた生活習慣の乱れを正すことは、ストレス社会に生きる忙しい現代人にとっては、なかなかに難しい課題であると言えましょう。

ならば、ストレスに負けず、少々の生活習慣の乱れにもビクともしない強い胃を、根本から作り上げていこう!

これこそが、東洋医学に基づく「漢方の基本的な考え方」に他なりません。

薬効に優れ、身体に優しい自然生薬によって、今あるツラい痛みや不快感を和らげしつつ、じっくりと体質改善を図りながら胃の健康を徐々に高めていき、トラブルが起こりにくい胃に少しずつ変えていく

そんなコンセプトのもと、開発されたのがコチラのサプリメントです。

以下、サプリメントマニュアルが、「イツラック」をオススメする理由について、3つのポイントに絞って整理してみました。

イツラックは身体に優しい生薬由来成分を調合した指定医薬部外品です

この商品は厳密に言えばサプリメントではありません。厚生労働省の認可を受けた指定医薬部外品です。

以前は薬局や薬店でしか購入できなかった医薬品ですが、薬事法の一部改正に伴って、医薬部外品に指定された6種類の医薬品のうちの一つで、インターネットでも購入できるようになりました。

イツラックは指定医薬部外品

イツラックは、その優れた薬効から古来より珍重され、現代の芳香性健胃薬や医薬品にも配合されている3つの自然生薬を独自処方した健胃薬ですが、一般的な医薬品とは異なり、化学的な配合はなされていません

ですから、副作用の心配もなく、普段から飲み続けることで、胃に生じる様々な不快症状を癒やしていきながら、じっくりと胃の健康を増進し、ストレスや生活習慣の乱れに強い胃へとゆっくりと変えていく効果が期待できます。

飲みやすさ、続けやすさにもこだわって作られています

漢方薬と言えば、安全性が高いイメージがある一方で、あの独特の匂いや苦み、時間をかけて煮出したものを飲用しなければならないなど、飲みにくく、面倒なイメージがあります。

その点、イツラックは飲みやすさ、続けやすさにもこだわって作られており、下の画像のようにとっても小さなカプセル錠になっています。これなら胃痛で辛い時でも、楽に続けられそうですね。

飲みやすいカプセル
胃の健康状態に合わせた飲み方もできます

また、一般に西洋医薬は、症状が治まるまでは決められた用量を守って服用し続けなければなりません。この点、自然な生薬製剤であるイツラックの場合、食前または食間に1~2カプセルと、その用法・用量に幅があります。

つまり、特に胃の調子が悪い時には2カプセル、マシな時には1カプセルと、服用量を調節することが可能なのです。

さらに言えば、胃の健康状態が高まってくれば、例えば仕事上で強いストレスを感じている時とか、食事会や飲み会の前など、胃への負担が大きくなりそうな時にのみ服用し、その後の不調を未然に予防する…といった飲み方もできます。

これも、イツラックが医薬品ではなく、自然生薬だからこそ得られるメリットだと言えますね。

今ならモニター価格で気軽に試せる上、返金保証もついて安心です

現在、公式サイトにて、毎月先着300名限定で、特別モニターが募集されており、今ならお得なモニター価格でイツラックを1ヶ月間、じっくりと試すことができます。

なお、キャンペーンの対象となるのは「毎月お運びコース」と名付けられた定期購入のコースですが、この手のキャンペーンにありがちな継続回数のしばりがないこと、さらに、10日間の返金保証があることも、オススメする大きな理由になっています。

つまり、もしも効果が感じられなければ、初回限定価格で購入した1回分だけの負担で済み、2回目以降は電話一本で中止することができます。

さらに、万が一にも体質的に合わなかった場合には、その初回の支払金額すら返金していただける安心のシステムが採用されていますので、まずは、たとえ1ヶ月間でも、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

「イツラック」を特別キャンペーンで申し込む

定期購入の中止だけでなく休止も簡単

また、前述のような利用法が想定されていることもあり、定期購入の休止も簡単にできますので、胃の健康状態に合わせて、2ヶ月に1袋、3ヶ月に1袋といった、それぞれのペースに合わせて続けていける点も嬉しいですね。

胃が弱いのは体質のせいだと諦めてしまっているあなた。是非この機会に、あなたの頑固な胃痛や胃の不快感を、これまでの対症療法ではなく、根本から断ち切るチャレンジをしてみませんか?


以上、東洋医学に基づく「漢方の考え方」に立った胃痛対策について、サプリメントマニュアルとしての一応の結論を出してみました。

これより先は、それとは全く異なるアプローチである、栄養学的な視点から導き出した胃痛サプリ対策について考えてみることにします。


【2】栄養学的な視点から効率的な胃痛サプリ対策を考える

次に、主に栄養学の面から、胃痛や胃の不快感の原因となっている胃粘膜の炎症に直接作用する栄養素を特定した上で、その栄養素を効率的に摂取できる良質なサプリメントを考えてみましょう。

ビタミンAは胃粘膜の特効薬!でも副作用が・・・

そもそも胃痛や胃の不快感は、胃の消化システムと防御システムのバランスが崩れ、胃粘膜が胃液により浸食されることによって生じた炎症やただれ、潰瘍(かいよう)に基づく症状であることから考えると、これに最も効果のあると期待できる栄養素といえば・・・

ズバリ!「 ビタミンA 」でしょう。

ビタミンAには胃の粘膜細胞を正常な状態に保つだけでなく、なんと炎症や潰瘍を修復する働きもあると考えられています。またガン予防効果も期待できるなど、まさに弱った胃粘膜には特効薬のような栄養素とも言えますね。

ところが、非常に残念なのですが、このビタミンAにはその効果が大きい分、過剰摂取による副作用のリスクも大きいと言われています。

具体的な副作用としては、頭痛や吐き気、肝機能障害や成長異常などをひき起こし、特に妊娠中の方がビタミンAを過剰摂取してしまった場合、胎児が奇形になるリスクが高くなってしまいます。

サプリメントマニュアルのおすすめはβ-カロチン

本来であれば、効果が高いこのビタミンAをおすすめしたいところですが、上記のようなビタミンA 過剰摂取のリスクを考慮して、サプリメントマニュアルではβ-カロチンの利用を奨励しています。

β-カロチンは、なんと体内で必要な分だけビタミンAに変換されるという性質をもつ栄養素で、過剰摂取による副作用の心配もほとんどなく、さらにβカロチンが有する強力な抗酸化作用でガン予防も期待できると言う、まさにビタミンAにも勝るとも劣らない栄養素だと言えましょう。

β-カロチンとの相乗効果も見込めるその他の栄養素

また、栄養素の個々の特質だけではなく、実際にサプリメントとして摂取する場合には、その”飲み合わせ”も考慮しなければなりません。

この点、β-カロチンは亜鉛やマグネシウムなどのミネラル類や、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類と一緒に摂取すると、βカロチン自体の吸収率が高まったり、βカロチンのもつ抗酸化作用もアップすると言われています。

そして、さらに素晴らしいことに、これらのβ-カロチンと一緒に摂取すべき栄養素たちは、β-カロチンの効果を単に底上げするだけではなく、それぞれの栄養素自体も、胃痛や胃の不快感を緩和・改善するチカラを秘めている点も見逃せません。

すなわち、亜鉛には胃の炎症や胃潰瘍(いかいよう)の原因となる胃の粘膜を傷つける物質の分泌を抑制する作用があると考えられていますし、一般に便秘の治療薬として使われている酸化マグネシウムは胃酸過多症の原因である胃酸を中和する優れた働きが認められています。

またビタミンCビタミンEには、ストレスを原因とする胃痛や胃の不快感への対処には欠かせない栄養素でもありますし、ビタミンUはキャベジンとも呼ばれているように、キャベツから発見されたビタミン様物質で、胃酸の過剰分泌を抑制し、胃粘膜の新陳代謝を活性化すると言う優れた効果があるため、多くの健胃薬にも使用されています。

サプリメントマニュアルがオススメする胃痛対策サプリ

以上、胃痛や胃の不快感を緩和・改善、さらに予防するために、その発生源となる胃粘膜や胃酸に直接作用することが期待できる栄養素を整理してみましょう。

  • ビタミンA(β-カロチン)
  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンU

これらの栄養素が含まれており、なおかつ、副作用等の安全性や飲み合わせによる相乗効果、さらにサプリメントの質などを総合的に考慮した結果、サプリメントマニュアルでは、胃痛や胃の不快感に効果があるサプリメントとして、コチラのサプリをオススメしています。

この「LIFE STYLE マルチビタミン&ミネラル」は、22種類ものビタミンやミネラルがバランス良く、かつ吸収されやすい形で配合されているので、特に、長期間に渡る慢性的な胃の不調によって、食事の質や量が制限され、栄養不足に陥ってしまっている場合など、主目的である健胃効果だけでなく、栄養不足の解消という効果も期待できるので、まさに一石二鳥であると言えます。

また、このサプリメントは、有名百貨店にも実店舗をもつ天然サプリメント専門店「ナチュレサプリメント」の商品です。こちらの商品は、すべて野菜や海草などの天然素材で作られており、もちろん防腐剤や人工着色料などは一切使用されておりませんので、毎日安心して使用できるという点も嬉しいですね。


自然生薬や栄養素のチカラを積極的に活用すれば…

いかがでしたか?

西洋医薬による対症療法も確かに有効ではありますが、ストレスや生活習慣の乱れなどにより、胃痛や胃の不快感が長引いていたり、何度も繰り返しているような場合には、対応を少し変える必要があると言えます。

胃痛の辛い症状を抑え込むだけではなく、根本に立ち返り、そもそもトラブルが起きにくい強い胃を作っていく…そんな考え方も大切であることがおわかりいただけたかと思います。

でも、実際にはそう簡単なことではないでしょう。しかし、自然生薬や栄養素のチカラを日々の生活の中に積極的に取り入れていくことで、必ずやストレスに強く、少々の生活習慣の乱れにもビクともしない強い胃を手に入れることが可能であると考えています。

【1】東洋医学に基づく「漢方の考え方」から胃痛を根本的に解決する
【2】栄養学的な視点から効率的な胃痛サプリ対策を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : 胃痛・胃の不快感・胸焼け