風邪に効く!?「アルコール消毒」のウソ、ホント

Category : 風邪

アルコールで身体を消毒し、酔った勢いで風邪ウイルスをぶっ飛ばせ!いわゆる「アルコール消毒」と呼ばれる民間療法がありますが、果たしてその効果の真相は?アルコール摂取時に体内で起こっている反応から、風邪とアルコールの本当の関係を明らかにします

酔った勢いで風邪ウイルスをぶっ飛ばせ!アルコール消毒の効果

今では死語かも知れませんが、かつては「アルコール消毒」なんて言葉がありました。風邪予防のために、また少々風邪症状が出ている場合であっても、アルコールでのど(身体)を消毒すれば、風邪ウイルスを撃退できる!むしろ酔った勢いで風邪ウイルスをぶっ飛ばせ!みたいなノリの民間療法です。

もちろんアルコールも水分と言えますから、先述の「水分をこまめに摂取することが意外と効く!」的には理にかなった対策とも言えるわけですが、ことアルコールに関して言えば話が別なようです。

免疫力を低下させ、身体を乾燥させるアルコールの罠

つまり、アルコールは免疫を活性化する栄養素を失わせるだけでなく、アルコールを分解する際に多量の水分を必要とするので、実はアルコールを大量に摂取した後の体内は、どうしても脱水状態なってしまいます。

これまで何度も説明してきたように、風邪に感染するか否か、感染したとしてその程度を左右するのは、その時に身体に備わっている免疫力なわけですし、身体の乾燥は粘膜の乾燥にもつながり、粘膜が乾燥すると風邪ウイルスに取り憑かれやすくなります。その意味で、アルコールは免疫力を低下させ、さらにウイルスに取り憑かれやすい環境をお膳立てしてるとも言えますので、風邪が心配な季節はアルコールの摂取を抑えることも大切ですし、特に少しでも風邪症状が出ているような場合には、免疫力を活性化するためにアルコールの摂取は控えるべきだと言えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : 風邪