風邪の症状とインフルエンザの症状との決定的な違い

Category : 風邪

インフルエンザは感染後48時間以内の対インフルエンザ治療が、その重症化を防ぐ上で非常に重要ですので、まずは普通の風邪の症状とインフルエンザの症状の違いをしっかりと把握しておきましょう。ポイントは強い全身症状があるか否かで

当サイトの「風邪カテゴリ」では、インフルエンザではなくライノウイルスを始めとする普通の風邪の予防・改善、ことにサプリメントによる予防・改善を重点的にとりあげていくわけですが、ことインフルエンザに関してはできるかぎり迅速な措置が、その重症化を防ぐためにも重要であると考えられています。そのため当サイトでも、まずは普通の風邪の症状とインフルエンザの症状の違いを明らかにしておくことにします。

風邪の主な症状

風邪の主な症状は次の通りです。

  • のどの痛み
  • 鼻水
  • 頭痛
  • くしゃみ
  • 微熱
  • 悪寒
  • 下痢
  • 嘔吐

などが挙げられます。いわゆる「鼻風邪」や「お腹の風邪(胃腸風邪)」などの風邪の種類によって、そのそれぞれ出現する症状の強弱や複合する症状に違いは見られますが、言ってみればすべてお馴染みの症状といった感じですね。

これに対してインフルエンザは、感染後48時間以内の対インフルエンザ治療が重症化を防ぐ上で非常に重要だと言われています。発症時にインフルエンザを疑えるか否かが鍵になってくるので、普通の風邪とインフルエンザとの症状の違いを前もってしっかりとおさえておく必要があります。

こんな時は48時間以内に病院へ!インフルエンザの症状の特徴

インフルエンザの代表的な症状は次の通りです。

  • 38~40℃以上の高熱
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 筋肉痛

普通の風邪であっても、全身の軽い倦怠感などがあらわれることがありますが、インフルエンザの場合には、これらの特に強い全身症状が現れるのが特徴だと言われています。この全身症状が強く表れるか否かが、普通の風邪とインフルエンザとの決定的な違いと言えるので、少しでもインフルエンザが疑われる場合には、迷わずに病院での診察を受けられることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : 風邪