スタチンはお茶で飲もう!茶カテキンが悪玉コレステロールを下げる仕組みを解明

「スタチンはお茶で飲もう!茶カテキンが悪玉コレステロールを下げる仕組みを解明」の続きを読む

緑茶に含まれる茶カテキンの一種「エピガロカテキンガレート(EGCG)」が、LDLコレステロールの血中濃度を引き下げる具体的なメカニズムが解明されました。EGCGのこの薬効を利用すれば、スタチンの副作用軽減も!スタチンはお茶で飲む…そんな時代がくるかも知れません

緑茶に含まれるポリフェノール“ 茶カテキン ”の一種である「エピガロカテキンガレートEGCG)」が、LDLコレステロール の血中濃度を引き下げる具体的な仕組みを、岐阜大の研究チームが解明しました。

この「エピガロカテキンガレート(EGCG)」は、茶カテキンの中でも特に健康パワーが高いとされ、これまでは主に燃焼系ダイエットをサポートする成分として注目されてきましたが、今後はコレステロール対策としての側面も重視されるようになると思われます。

特に、悪玉コレステロールの数値が高めで、かつ体重も気になるぞって方には、まさに一石二鳥の成分と言えるのではないでしょうか。

今回は、このトピックの背景と研究成果の詳細、さらに今後の展望などを独自の視点からわかりやすく解説してみます。

血中コレステロールを適正に保つ肝臓の機能と脂質異常症

脂質異常症の血液検査イメージ

コレステロールの中でも“ 悪玉コレステロール ”と呼ばれているLDLコレステロールは、その血中濃度が高くなれば、心疾患や脳卒中などの原因となる動脈硬化を促すとして、その呼び名の通り、今や完全に悪役とされています。

しかし、そもそもコレステロールは細胞膜をはじめ、様々なホルモンや胆汁などの原料となる重要な成分で、健康な体を維持するためには無くてはならないものなのです。

また、コレステロールの大半を作り出している肝臓には、余分なコレステロールを取り込み、分解と排泄を促し、血中濃度を適正に保つ機能が本来的に備わっています

ところが、生活習慣や遺伝などの原因によって、この機能がうまく働かない場合があり、そうなると血中のコレステロールの量を適正に保つことが難しくなってしまいます。

この異常な状態が続くことを脂質異常症、中でも悪玉コレステロールたるLDLコレステロールが多すぎる病態を、LDLコレステロール血症といいます。

茶カテキンがLDLコレステロールを下げる具体的なメカニズムが明らかに

これまでの研究により、茶カテキンの一つである「エピガロカテキンガレート(EGCG)」を継続的に摂取することで、この肝臓の機能が促進されることは既に知られていましたが、その具体的な仕組みは明らかではありませんでした。

今回、岐阜大応用生物科学部の長岡利教授らの研究チームは、培養したヒトの肝臓細胞に「エピガロカテキンガレート」を加える実験を実施。これにより得られた結果は次の通りです。

LDLと結び付いて肝臓に取り込む受け皿となるタンパク質「LDL受容体」が増え、一方で受容体を分解する酵素「PCSK9」が減ることを発見した。さらに受容体を作る橋渡し役となる遺伝子因子を増やす作用があることも見つけた。

血中のコレステロールを適正に保つためには、余分なコレステロールを肝臓に取り込み、これを分解・排泄しなければなりません。

その際、血中の余分なLDLコレステロールを探し出して結合し、肝臓へと誘導する大切な役割を果たしているのが、タンパク質「LDL受容体」です。

今回の実験により、肝臓細胞に「エピガロカテキンガレート」を加えることで、そのLDL受容体の増加が確認されたのです。

さらに、LDL受容体を分解する酵素の減少と、この受容体を作り出している遺伝子因子の増加という、LDL受容体が増加した具体的なメカニズムまで明らかになったわけです。

スタチンは水でなくお茶で飲む!そんな時代がくるかも

現在、脂質異常症の中でもLDLコレステロール値が異常に高い“ 高LDLコレステロール血症 ”の患者は、国内で約1,370万人に上るとも言われています。

この高LDLコレステロール血症の治療には、現在「スタチン」という薬剤が広く用いられていますが、この「スタチン」はまさに、今回の研究で注目された「LDL受容体」を活性化する効果が認められたお薬なのです。

スタチンの種類と副作用について

一口に「スタチン」と言っても、現在では下記の通り数種類の薬剤が使用されており、その薬効の強さによって、スタンダードスタチンとストロングスタチンの2つのグループにわけることができます。

分類 スタンダードスタチン ストロングスタチン
薬効 穏やか
20%程度
強い
30~50%程度
スタチンの種類
(商品名)
プラバスタチン
(メバロチン)
アトルバスタチン
(リピトール)
  シンバスタチン
(リポバス)
ピタバスタチン
(リバロ)
  フルバスタチン
(ローコール)
ロスバスタチン
(クレストール)

脂質異常症を治療中の方は、この中に見覚えのある名前があるのではありませんか?

スタチンは非常に優れたお薬ですが、腹痛や発疹、倦怠感などの副作用を伴う場合があります。その中でも特に注意すべきスタチンの重篤な副作用として、「横紋筋融解症」が挙げられます。

恐ろしい「横紋筋融解症」の注意すべき症状

これは横紋筋と呼ばれる筋肉の細胞が溶け、その成分が血液中に流れ出てしまう病気で、急激な腎機能の低下により腎不全などを引き起こし、最悪の場合は死に至る場合もある大変恐ろしい病気です。

もしもスタチンを服用中に、運動など特に心当たりがないのに筋肉痛があったり、手足にしびれや、力が入らないといった症状があらわれた場合、また赤褐色の尿が出たような場合には、すぐに服用を中止して主治医に相談してください。

横紋筋融解症リスクをエピガロカテキンガレートで軽減

少し話がそれてしまいましたが、このような横紋筋融解症の発症リスクは、やはりスタチンの薬効が強いほど高くなるとされています。

もしも今回の研究成果通り、お茶の成分である「エピガロカテキンガレート(EGCG)」が、肝臓のLDLコレステロール分解・排泄機能を促進するのであれば、この効能を利用しない手はありませんね。

例えば、現在は薬効が強いストロングスタチンを服用中の方は、「エピガロカテキンガレート」によって、この肝臓の大切な機能を底上げすることで、より効能が穏やかなスタンダードスタチンに切り替えることができるかも知れません。

また、薬効の緩やかなスタンダードスタチンを服用中の方であれば、もともと脂質異常がそれほどひどくないと考えられるので、例えば毎日服用していたスタチンを2日に1回など摂取頻度を減らせたり、場合によっては薬の服用自体必要なくなる可能性も考えられます。

つまり、「エピガロカテキンガレート」の効能を利用することで、横紋筋融解症というスタチンの重篤な副作用リスクを軽減、あるいは回避できる可能性があると言えるのではないでしょうか。

以上、現時点ではまだ試験管レベルの研究成果であって、エピガロカテキンガレートの効能を過大評価している感も否めませんが、少なくとも近い将来、「スタチンはお茶で飲め!」…そんな時代がくるかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : サプリに関する最新報告