現在のあなたの熱中症危険度を4段階で表示!気象庁がチェックツールを提供

Category : 熱中症
「現在のあなたの熱中症危険度を4段階で表示!気象庁がチェックツールを提供」の続きを読む

日本気象協会は、それぞれの年代や活動レベル、現在地の気象条件から、その環境の下で1時間過ごした場合の熱中症の危険度を4段階で診断するサービス「熱中症セルフチェック」の提供を開始しました。水分補給のタイミングや補給すべき水分量の目安もグラフィカルに示されます。

熱中症リスクは人それぞれ

対処法を間違えば命にも関わる熱中症ですが、まずは何よりも予防を心がけることが大切です。これまでの熱中症予防対策としては、せいぜい都道府県別の気温や湿度、日射などの気象条件から、その相対的な危険度を示すのが一般的でした。

ところが、各個人それぞれの熱中症リスクは、年齢や活動内容、屋外か屋内かなどにより大きく異なることは言うまでもありません。

そこで今回、日本気象協会は、それらの個人的なプロフィールや活動状況に気象条件を加味して、その環境の下で1時間過ごした場合の熱中症の危険度を診断し、4段階で表示するサービス「熱中症セルフチェック」の提供を開始しました。

熱中症セルフチェック | 熱中症ゼロへ - 日本気象協会推進

「熱中症セルフチェック」のスクリーンショット

このサービスは、名古屋工業大が開発したシミュレーション技術を応用し、東北大のスーパーコンピュータを活用したWebツールで、パソコンからだけでなく、スマートフォンからも利用できるので、外出先でも簡単にチェックすることができます。

使い方はカンタン!3つの質問に選んで答えるだけ

熱中症セルフチェック」にアクセスすると、年代、活動レベル、現在地の3つの質問が用意されています。

質問と言っても、“ 年代 ”と“ 活動レベル ”については、それぞれ下記の4つの選択肢を示す大きなアイコンの中から1つずつ選ぶだけ。

年代 活動レベル
乳幼児 静かに過ごす
小学生 日常生活
中高生・成人 ちょっと汗ばむ作業
高齢者 激しいスポーツ

活動レベルについては、上記の一覧表では少し抽象的な表現で迷ってしまいそうですが、実際にはそれぞれに5項目ずつの事例が示されているので、それに近いものを選べば大丈夫です。

例えば、「日常生活」には、自動車の運転や買い物、楽器演奏などが含まれ、「ちょっと汗ばむ作業」には、自転車に乗ることや高齢者の介護、ゴルフなどもそれに該当するようです。また、「激しいスポーツ」には、スポーツではない日曜大工が含まれている点が面白いですね。

最後の“ 現在地 ”については、まずは屋外か屋内かを選択し、屋外にいる場合は都道府県と市町村を選択ボックスから選びます。屋内にいる場合には気温と湿度(わからなければ空欄でOK)を記入するだけ。

「熱中症セルフチェック」の診断結果は?

それぞれの年代や活動レベルと現在の各地の気象条件などをもとに、発汗量や体温の上昇量が計算され、その環境で同じ活動を1時間続けた場合の熱中症の危険度が次の4段階で表示されます。

4段階の判定結果
  • A:油断禁物
  • B:十分注意
  • C:危険
  • D:かなり危険

もちろん、単に危険度が示されるだけではありません。水分補給をするタイミング摂取すべき水分量取るべき休憩の目安などの簡潔なアドバイスもあわせて表示されます。

さらに、チェック結果内にある「具体的にどのくらい危険なの?」ボタンをクリック(タップ)すると、現在おかれている環境が具体的にどの程度危険なのかについて、1時間で失われる体内の水分量や連続活動時間の目安をグラフィカルにわかりやすく教えてくれます。

危険度をグラフィカルに表示

熱中症弱者を守るために有用

このツールは、自分自身の熱中症予防対策として利用できることはもちろんですが、特にオススメしたいのは、乳幼児や高齢者など、一般に熱中症弱者(※)と呼ばれる人が家庭内にいる場合です。

※乳幼児は体内の絶対的な水分量が少ないため、気温の上昇によって体温が上がりやすく、逆に下がりにくいとされています。また、高齢者は皮膚の温度感受性が鈍いだけでなく、のどの渇きを自覚しにくいため、脱水状態に陥りやすいと言われています。

スマホで簡単チェック

ついつい温度や湿度、のどの渇きなどは自分の感覚で考えてしまいがちですが、一般成人にとってはまだまだ余裕がある環境であっても、熱中症弱者にとっては実は危険が迫っていた・・・そんなケースも少なくないからです。

3つの簡単な質問にクリック(タップ)で答えるだけで、そんな乳幼児や高齢者の個別の危険度だけでなく、水分補給のタイミングや補給すべき水分量などの目安をグラフィカルに示してくれる「熱中症セルフチェック」は、これからの季節とても心強いツールと言えますね。

慣れれば、ほんの1、2分もあればスマホで簡単にチェックできますので、この夏は積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : 熱中症