胃がん予防ワクチンも夢じゃない!胃がんリスクを抑制する酵素を発見

「胃がん予防ワクチンも夢じゃない!胃がんリスクを抑制する酵素を発見」の続きを読む

ピロリ菌による胃がんの発症を抑える酵素が新たに発見されました。これにより、ピロリ菌とEBウイルスの共感染が、胃がん発症に及ぼす具体的な影響も初めて明らかに!もしも、この酵素を増強する手段を見つけることができれば、「胃がん予防ワクチン」の開発に繋がる可能性も

ピロリ菌が胃がんの発症を促すメカニズム

日本は世界でも有数の胃がん大国と呼ばれていますが、その原因としてまず第一に挙げられるのは、ピロリ菌感染率の高さだと言えます。なぜなら、ピロリ菌の胃粘膜への長期に及ぶ感染は、胃がん発症の最大のリスク因子だからです。

そして、ピロリ菌が胃がんを引き起こすメカニズムの中で、現在最も重要視されているのが、ピロリ菌が分泌する「CagA」と呼ばれるタンパク質です。

これまでの研究により、ピロリ菌が分泌するタンパク質「CagA」が、胃粘膜の細胞内に侵入して、下図のように細胞中に存在する「SHP2」と呼ばれる酵素と結合することで異常活性化し、これが胃がんの発症を促すことがわかっているからです。

CagAがSHP2と結合して異常活性し胃がん発症を促進

ピロリ菌による胃がん発症を抑制する酵素を特定

そして今回、東京大学の研究チームにより、ピロリ菌が分泌する、このタンパク質「CagA」の発がん性を抑制する酵素が特定されました。

しかも、その酵素とは、前述の「SHP2」と呼ばれる酵素の兄弟分子である「SHP1」だったのです。

つまり、胃粘膜組織内には、ピロリ菌が分泌するタンパク質「CagA」と結合して胃がんの発症を促進する酵素「SHP2」と、逆に胃がんの発症を抑制する酵素「SHP1」が存在していることになりますね。

そして、それぞれがどの程度存在するか、どちらが優位に存在するかによって、発がん活性が決定されている可能性が明らかになったわけです。

胃がん促進酵素「SHP2」が優位である場合

例えば、胃がん促進酵素「SHP2」が優位である胃粘膜組織内においては、ピロリ菌から分泌された「CagA」は次々とSHP2と結合して異常活性化することで、胃がん発症リスクが高まることになります。

胃がん促進酵素SHP2優位の場合

胃がん抑制酵素「SHP1」が優位である場合

逆に、胃がん抑制酵素「SHP1」が優位である胃粘膜組織内においては、タンパク質「CagA」がSHP2と結合する機会が少なくなるため、活性化することもなく、結果的に胃がん発症リスクは低くなると考えられます。

胃がん抑制酵素SHP1優位の場合

EBウイルスとピロリ菌の共感染が胃がん発症に及ぼす影響を解明

また、胃がんを発症した患者の約10%は、ピロリ菌の感染に加え、EBウイルス(エプスタイン・バールウイルス)にも感染していることが知られていました。

もっとも、これまでの研究では、ピロリ菌とEBウイルスの両方に感染していることが、胃がんの発症に具体的にどのような影響を及ぼしているかについては、実はよくわかっていませんでした。

ところが、胃がん抑制酵素「SHP1」に注目した今回の研究によって、EBウイルスに感染した胃がん細胞では、この「SHP1」が顕著に少なくなっていることがわかったのです。

実際、EBウイルスに感染していない胃粘膜細胞と、EBウイルスに感染した胃粘膜細胞を用意して、それぞれにピロリ菌を感染させたところ、EBウイルスに感染した細胞で、胃がんの発症を促進するタンパク質「CagA」の生物活性が大きく増大していることも確認されました。

発癌細菌と発癌ウイルスの連携を世界で初めて明らかに

つまり、EBウイルスが胃がん抑制酵素「SHP1」の発現を邪魔することで、相対的に胃がん促進酵素「SHP2」が多くなり、これと結びついたCagAタンパク質の発がん性が増強されたと考えることができます。

EBウイルスがSHP1の発現を抑制

これは、発がん細菌であるピロリ菌と、発がんウイルスであるEBウイルスが、結果的に連携する形で、発がん活性を増強していることを意味していると言えます。

ちなみに、ヒトのがん発症における発がん細菌と、発がんウイルスの連携を明らかにしたのは、世界で初めてなのだとか。

「胃がん予防ワクチン」の開発に繋がる可能性も

これまでの研究で、このCagA遺伝子を保有し、CagAを分泌するピロリ菌は、CagA陰性のピロリ菌よりも胃がんを発症するリスクが高いことが疫学的に証明されており、しかも、日本人が感染するほぼ全てのピロリ菌は、CagA遺伝子を保有しているとされています。

今回の研究成果により、ピロリ菌が分泌するCagAの活性を抑制する、酵素「SHP1」を増強するような物質や手段を見つけることができれば、これまでにない全く新しいアプローチによる治療法、さらには「胃がん予防ワクチン」の開発にも繋がる可能性があると期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : 胃痛・胃の不快感・胸焼け