一般の人も活用できる!「熱中症診療ガイドライン2015」つまみ食いのススメ

Category : 熱中症
「一般の人も活用できる!「熱中症診療ガイドライン2015」つまみ食いのススメ」の続きを読む

今回、日本救急医学会により、熱中症の診療に関する世界で初めての指針となる「熱中症診療ガイドライン2015」がまとめられました。かなり専門的な内容も含まれているガイドラインですが、実は医療関係者以外のごく一般の方でも十分に有効活用できると考えています。

時には命を落とす事態にも繋がりかねない熱中症。当サイトでも、過去に熱中症対策としての”前脱水”状態の把握と、その対処法について取り上げたことがありますが、日に日に暑さが増すこれからの季節は、熱中症に対する警戒にいよいよ本腰を入れていく必要があります。

日々の体調を整えたり、気温や室温を常に意識し、水分や塩分を早め早めに補給するなど、まずは各人が熱中症の予防を心がけることが何よりも重要です。実際、マスコミなどで呼びかけられる熱中症対策の多くが、前述のような熱中症の予防法に関するものですね。

熱中症対策は”自分の予防”で終わってはいけない

「自分はちゃんと予防しているから大丈夫!」そう思っておられる方も少なくないのではないでしょうか?そのような方は、概して自分が熱中症にならないための予防に関する知識ばかりが先に立って、熱中症を発症した場合の対処法についてはおろそかになりがちである傾向があるようです。

しかしその一方で、気温の上昇によって体温が上がりやすく、下がりにくい子供、特にリスクの高い乳幼児や、皮膚の温度感受性が鈍く、のどの乾きを自覚しにくいため脱水を起こしやすい高齢者など、熱中症弱者と呼ばれる人達も存在するのです。

そして、いざ熱中症を発症してしまった人があらわれた場合には、その人の周囲にいる者がいち早く異変に気付き、適切に対処することが、その後の重症化を回避する上で非常に重要となるのです。

その意味で、我々ひとりひとりが、熱中症の予防に関する知識だけではなく、対処法も含めた熱中症全般に渡る必要最低限の知識、しかも正しい知識を身に付けておくことが重要であると言えましょう。

世界で初めてとなるガイドラインがまとめられました

今回、日本救急医学会は、熱中症の診療に関する世界で初めての指針となる「熱中症診療ガイドライン2015」を作成しました。現在、同学会のウェブサイトにて公開されています。

「熱中症診療ガイドライン2015」は、これまでに実施された熱中症に関する様々な全国調査の結果や、国内外から寄せられた報告に基づいて作成された、全11問からなるQ&A形式のガイドラインで、熱中症に関する疫学から始まり、熱中症の診断基準、適切な予防法や治療法、重症化の危険因子の分析など、様々な内容が盛り込まれています。

「熱中症診療ガイドライン2015」の目次

  • Q1. 本邦における熱中症の発生頻度はどのくらいか
  • Q2. どのような人が熱中症にかかりやすいか?
  • Q3. 熱中症の発生に関係する気象条件にはどのようなものがあるか
  • Q4-1. 熱中症の診断基準は、どのようなものか?
  • Q4-2. 熱中症の重症度はどのように判定するか?
  • Q5. 熱中症の予防・治療には何を飲めばよいか
  • Q6. 新たな冷却法は有効か
  • Q7. 冷却目標温度と冷却時間はどのぐらいが適切か?
  • Q8. 熱中症に合併するDIC の治療は必要か
  • Q9. 熱中症における臓器障害に有効な治療は何か
  • Q10. 熱中症の後遺障害にはどのような特徴があるか
  • Q11. 熱中症死亡例の特徴にはどのようなものがあるか

全体のボリュームは30ページほどですし、参考文献などの表示もありますので、実際に読める部分は20ページもありません。読む気になれば一気に読めてしまう分量なのですが、上記の目次をご覧になっていただければわかる通り、熱中症の具体的な治療方法などかなり専門的な内容になっています。

ガイドラインに対するサプリメントマニュアルの視点について

「熱中症診療ガイドライン2015」は、その内容の専門性や、ガイドラインのタイトルに”診療”とあることから、主に医師や看護師などの日常の診療において活用されることを想定して作成されたものであると言えます。

しかし、前述のように熱中症は、医療機関に搬送される前の段階での適切な対処が非常に重要です。従って本ガイドラインは医療従事者のみならず、熱中症患者に遭遇する可能性の高い学校や、熱中症リスクの高い職場高リスクな高齢者の介護の現場、さらにごく一般の人による活用も視野に入れて作成されており、実際ガイドライン本文にもその旨が明記されています。

熱中症は予防が最も重要であることは論を待たないが、早期認識、早期治療で重症化を防げれば、死に至ることを回避できる。熱中症を 1 つの重要な「症候群」としてとらえ、診断基準を簡略化することで、一般市民、病院前救護、医療機関による判断を容易にして早期認識、早期治療につなげることができる。

via. 「熱中症診療ガイドライン2015」 P.7 より引用

日本における熱中症の発生頻度など疫学に関する情報や、医療機関での具体的な治療方法など、一般の方には特に必要のない記述も多いのですが、確かに、ところどころにではありますが、一般の方が読んでも興味深い記述、知っておくべき知識が点在していると感じられました。

そこでサプリメントマニュアルでは、医療関係者以外の一般の方でも、この「熱中症診療ガイドライン2015」を有効に活用できるよう、これから数回に分けて、その興味深いポイントのみをピックアップして、ひとつひとつ整理してみたいと考えています。

折角まとめられたガイドラインですから、”小難しい”と最初から投げてしまわず、美味しいところだけをつまみ食いしてみませんか?熱中症のリスクが本格化するその前に、熱中症についての正しい知識を一緒に確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はてなブックマーク
LINEで送る
up
Category : 熱中症